IronFX(アイアンFX)より、入出金手数料無料化のお知らせ - 入金も出金も手数料は0円

海外FX業者 IronFXが、全入出金方法の手数料を撤廃して入出金がしやすくなりました

海外FX業者 IronFX(アイアンFX、アイアンエフエックス)が、入金手数料および出金手数料を無料にしました これまでいくつかの入金方法・出金方法でかかっていた手数料も、全て完全に0円となります。 ただし、オンラインウォレット(電子決済ウォレット)などの決済サービス側で発生する送金手数料は今後も発生しますので、手数料のかからない方法を選ぶようにしましょう。

AnzoCapital(アンゾーキャピタル)が、入出金方法に「JCBカード」および「JCBデビット」を追加

海外FX業者 AnzoCapitalが、JCBのクレジットカードとデビットカードで入金できるようになりました

海外FX業者 AnzoCapital(アンゾーキャピタル)が、入金方法・出金方法に「JCBカード」および「JCBデビット」を追加しました。 AnzoCapitalの取引口座へ、JCBブランドのクレジットカードおよびデビットカードで入金できます。 AnzoCapitalのクレジットカード入金・デビットカード入金は、VISAおよびMatstercard、JCBに対応しています。

TradersTrust(トレーダーズトラスト)より、入出金手数料の完全無料化のお知らせ

海外FX業者 TradersTrustの入出金手数料が金額に関係なく0円になりました

海外FX業者 TradrsTrust(トレーダーズトラスト、TTCM)が、入出金手数料の完全無料化を実施しました。 これまで2万円以上の入金時・出金時のみ、TradersTrustが入金手数料・出金手数料を全額負担していました。(2万円以上なら、実質入出金手数料0円) 現在は2万円未満の入出金時も(一部の特殊な手数料を除いて)TradersTrustが入出金手数料を負担してくれます。

XMTrading(XM)が、出金方法に「クイック出金」を追加 - 最短数時間で銀行口座へ出金可能に

クイック出金なら、海外FX業者 XMTradingから最短2時間程度で銀行口座へ出金できます

海外FX業者 XMTrading(XMトレーディング、XM)が、出金方法の一つに「クイック出金」を追加しました。 クイック出金とは銀行送金(海外送金)による出金ですが、最短2時間ほどで銀行口座へ着金します。 ただし、「クイック出金」が利用できるトレーダーは、銀行送金による入金などいくつかの条件を満たしているトレーダーに限られるようです。

Axiory (アキシオリー)より、国内送金手続きの一部簡素化のお知らせ

Axioryと、オンライン送金サービス会社のCurfexの連携強化で、国内銀行送金がより便利になりました。

Axiory (アキシオリー)で、人気の入金・出金方法「国内銀行送金 by Curfex」の利用が、より簡単になりました。 Curfexへの事前登録時に、Axioryの個人情報をCurfexに共有することで、面倒な登録作業が簡単になります。 海外FX口座への入出金で発生する入出金手数料を抑えたいなら、Axioryで口座開設をして、国内銀行送金 by Curfexを利用しましょう。

iFOREXは、VISA/Mastercardのクレカ入金がおすすめ! 入金額に関わらず、5万ユーロまで出金可能!!

iFOREXで一度クレカを使って入金すると、入金額に関係なく、5万ユーロまで出金できます!

iFOREX (アイフォレックス)への入金は、クレジットカード入金がおすすめです。 おすすめの理由は、他の海外FX会社にある入金額を上限とする出金制限がありません。 iFOREXのサービスにマッチしたVISA/Mastercardのクレジットカードでは、最大5万ユーロまで出金できます。

電子ウォレットのSticPayより、国内銀行入出金サービス再開のお知らせ

国内送金復活により、より安い手数料で入出金出来るようになりました。

SticPay (スティックペイ)の日本国内送金オプションが復活しました。 SticPayのオンラインアカウントへ、銀行送金で入金できます。 入金からウォレットへの反映までの時間短縮に加えて、入金手数料の面でもお得になりました (入金手数料: 入金額の2%)。 SticPayの国内送金対応開始によって、XM (XMTrading)やFBS、Tradeview、Axiory、My Marketsなどの海外FX会社での決済が、ますます便利になりました。