XM (XMTrading)より、「i-Account」取り扱い停止のお知らせ

XM (XMTrading)では、i-Accountによる入出金が出来なくなりました。再開は未定です。

海外FX業者のXM (XMTrading)より、決済手段の変更に関するお知らせです。 オンラインウォレットのi-Account (アイアカウント)が、取扱い停止となりました。 既に、2019年5月時点で、XMの海外口座からのi-Accountによる入金および出金はできません。 また、XMでは、i-Accountの利用再開の目途もたっておりません。

なぜ、海外FX業者 XM (XM Trading、エックスエム)が「安全安心」とおススメされるのか?その理由とXMのメリットを徹底解説!

XMのライセンス、資産管理、出金拒否の噂を正確に解説します

XM (エックスエム、XM Trading)は、Trading Point (Seychelles) Limitedが運営する人気の海外FX業者です。XMは、国内FX業者に対して海外FX業者と呼ばれています。 XMは、様々な金融ライセンスを保有し世界中の国や地域に対して海外FXのサービスを提供し...

英FCAとキプロスCySECの違い - 金融監督機関でFX会社を選ぶ

イギリス「FCA」とキプロス「CySEC」の違い - 取得ライセンス/登録許認可による違い

該当レギュレーション (規制・法律)の許認可および取得ライセンスで義務が異なります

近年、イギリスFCA認可のFX会社や、FCA認可取得をゴールに資金管理水準を高めるFX会社が増えてきました。 FCA認可というものに、どういったメリットがあるのか、デメリットはあるのか、人気の2つの金融監督機関、キプロス CySECとイギリス FCAの違いからわかりやすく解説します。

payment rejection 出金拒否

海外FXの出金トラブルと出金拒否、本当の理由と対策

FX会社の評判を落とし、存続危機になる出金拒否。トレーダー側のリテラシーも求められる時代です。

海外FX会社を選んだり、比較したりしていると、「出金拒否された」という噂や書き込みをよーく見かけると思います。 海外FX会社の出金拒否についての口コミや断定は、本当に尽きることがありませんし、やはり誰しもが一番に不安に思うところではあります。 今回は、その「出金拒否」というケースについてのお話です。

IronFX トラブルと真相

IronFX (アイアンFX) の出金拒否と中国地域でおきた係争とデモ、その背景

IronFX (アイアンFX)が中国で巻き込まれたデモや係争について、IronFXや関係者への取材から見えた事実をまとめます。 IronFXの出金拒否の噂やネガティブ・イメージは、この中国の抗議活動が発端でした。 まずは、中国で起きたIronFXのトラブルとはなんだったのか、しっかり確認してください。