TitanFX(タイタンFX)より、原油のレバレッジ制限解除のお知らせ - ハイレバ500倍で取引できます

海外FX業者 TitanFX(タイタンFX)が、WTI原油とブレント原油のエネルギーCFD銘柄のレバレッジ制限を解除。500倍のハイレバレッジで取引できます

海外FX業者 TitanFX(タイタンFX)が、WTI原油とブレント原油で行っていたレバレッジ制限を完全に解除しました。 2020年7月28日から、WTI原油とブレント原油を含むエネルギーCFD銘柄も最大500倍のハイレバレッジで取引できます。 また、TitanFXは、2020年6月29日からWTI原油とブレント原油の本来の価格に+100ドルの価格調整がされている原油インデックスの取り扱いを開始しています。

コロナショックに伴う海外FX各社のレバレッジ制限やカスタマーサポートについて

一部の海外FX業者が、コロナショックに伴う不安定な市場に対してレバレッジ制限を開始

一部の海外FX業者が、コロナショックにともなうレバレッジ制限を開始しました。 また、海外FX業者は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の世界的な広がりに伴う企業対応の内容についてもお知らせしています。 レバレッジ制限と合わせて、カスタマーサポートの対応時間などの変更にもご注意ください。

トルコリラ、トルコ株急落により、各海外FX会社では取引制限を実施しています

トルコリラ通貨ペアの新規発注制限やレバレッジ制限に注意下さい

トルコ統一地方選を前にした景気の変動を抑えるために、トルコ政権はトルコリラ売りの阻止策をトルコ国内銀行に命じました。 その影響で、株式や債券においてもトルコ市場からの撤退があり、トルコリラに限らず、トルコ関連のマーケットでは急激な価格の変動が発生しています。 海外FX会社および、国内FX会社で、トルコ円 (TRYJPY)ほか関連銘柄の取引が制限されていますのでご注意下さい。

IFC Markets、FxProより、イギリスEU離脱合意案の採決に伴う、取引制限・取引条件変更について

英国のブレクジットの影響によるレバレッジ制限や新規注文停止、スプレッド拡大に注意

2019年1月15日にイギリスの下院で議決・採決される英国EU離脱合意案「ブレクジット」に関連した注意喚起です。 市場の動き次第で、IFCMarkets (IFCマーケット)およびFxPro (FXプロ)では、新規注文の一時的な停止やレバレッジ制限などを行う可能性があります。

Traders Trust (トレーダーズ・トラスト)より、株価指数 4銘柄の一時取扱い停止に関するお知らせ

インデックス商品のラインナップ削減 - JP225, EU50, FR40, UK100

TradersTrust(トレーダーズ・トラスト)は、株価指数における4銘柄: JP225, EU50, FR40, UK100の取引が一時的に出来なくなります。 加えて、TradersTrustでは、ポジション・オープン(新規注文)が一時的に出来ない4銘柄もありますので、ご注意下さい。

XM (XMTrading)より、スウェーデン・クローナ関連ペアにおけるレバレッジ制限実施のお知らせ

選挙期間中、SEK通貨ペアの最大レバレッジは100倍に制限されます

XM(XMTrading)は、スウェーデン国内の政治経済状況を受けて、スウェーデン・クローナとの通貨ペアにおけるレバレッジ制限を一時的に実施します。 制限対象は、スウェーデン・クローナ(SEK)との全通貨ペアで、最大100倍となり、制限期間前の既存ポジションも対象となります。

HotForex (ホット・フォレックス)より、トルコリラ通貨ペアの新規ポジション建て制限のお知らせ

最安値を更新したUSDTRYは、新規ポジション不可のクローズ・オンリー・モード

HotForex(ホットフォレックス)では、政治経済の影響受けて、ボラティリティの高い状況にあるトルコリラとの通貨ペア USDTRYの新規注文が一時的に出来なくなります。

IFC Markets (IFCマーケット)より、トルコリラとの通貨ペアの取引再開とレバレッジ制限実施のお知らせ

IFCMarkets(IFCマーケット)は、2018年8月20日 月曜日からトルコリラとの通貨ペア USD および EURTRY の取引が再開されます。ただし、最大レバレッジ20倍まで制限されます。さらに、既存の保有ポジションへも対象となりますのでご注意ください。