FXGTより、新しい口座タイプ「プロ口座(PRO口座)」の追加とECN口座における取引条件の変更のお知らせ

FXGTが取引環境と取引条件のアップデートを実施しました。

海外FX業者 FXGTが口座タイプに新しくプロ口座(PRO口座)を追加しました。 プロ口座では、取引手数料無料で取引できます。 また、ECN口座では取引手数料の見直しなどを実施して、以前より取引コストが安くなりました。

M4Markets(エムフォーマーケット)より、取引環境と取引条件の変更のお知らせ

最大レバレッジやボーナス額の引き上げ、取引コストの削減を行います。

海外FX業者 M4Markets(エムフォーマーケット)より、取引環境と取引条件の変更のお知らせです。 2022年3月7日(月)から、最大レバレッジ引き上げやボーナス額の引き上げ、取引手数料の引き上げなどが実施されます。 100%入金ボーナスの提供も始まります。

ThreeTrader(スリートレーダー)より、仮想通貨取引のレバレッジ引き上げと仮想通貨ペアの新規追加のお知らせ

仮想通貨取引がハイレバレッジ25倍になりました。

海外FX業者 ThreeTrader(スリートレーダー)より、仮想通貨取引に関するお知らせです。 仮想通貨取引(ビットコインFX、暗号資産CFD)のレバレッジが、5倍から25倍に引き上げられました。 さらに、取引できる仮想通貨が追加されました。

WeTrade(ウィートレード)より、仮想通貨取引における取引コストの新しい計算方法のお知らせ

仮想通貨ペアのスプレッドを縮小させ、0.12%の取引手数料を追加。

海外FX業者 WeTrade(ウィートレード)が、仮想通貨取引における取引コストの計算方法を変更します。 これまではスプレッドのみでしたが、今後は「以前より狭いスプレッド+0.12%の取引手数料」がトレーダーの負担する取引コストになります。 取引手数料が追加されることで以前に比べて取引コストが増えるという意味ではありません。

TitanFX(タイタンFX)より、米国株式CFD新商品追加と取引条件向上のお知らせ - 取引手数料が無料になりました

35社の米国株式を追加。さらに、取引手数料無料になりました。

海外FX業者 TitanFX(タイタンFX)より、米国株式CFD商品に新たな35銘柄の追加のお知らせです。 合計100銘柄が取引できるようになりました。 また、これまでよりも良い条件で取引できるように、 取引条件の一部を変更しました。

スプレッド・手数料・サポートに関する口コミや評判

AXIORY(アキシオリー)が選ばれる3つの理由

アキシオリーのスプレッド、手数料、サポートについてクチコミや評判のまとめ。

「FXって興味はあるけど、実際にやるにはハードルが高い」、「AXIORYって本当にお得なの?」等、数ある海外FX業者(海外FXブローカー、海外FX会社)から実際にトレードをする1社を選ぶのは、実はなかなか難しいですよね。 本コラムでは、AXIORY(アキシ...

ExclusiveMarketsで人気のECN口座の取引コストを他社比較

ExclusiveMarketsから、益々競争力が増したECNタイプ口座(プロフェッショナル口座)に関するご案内

ExclusiveMarketsで人気のECN口座の取引コストを他社比較。

海外FX業者 ExclusiveMarkets(エクスクルーシブマーケット)が、2021年7月1日にプロフェッショナル口座の取引コストの引き下げを実施しました。 本コラムでは、大手海外FX業者とのECN口座の取引コストの比較表を掲載しています。 また、2021年7月1日(木)からプロフェッショナル口座で100%入金ボーナスも受け取れるようになりました。

ExclusiveMarkets(エクスクルーシブマーケット)より、100%入金ボーナスが受け取れる口座タイプの追加と取引コスト削減のお知らせ

海外FX業者 ExclusiveMarkets(エクスクルーシブマーケット)のプロフェッショナル口座でも、100%入金ボーナスが受け取れます。

海外FX業者 ExclusiveMarkets(エクスクルーシブマーケット)が、取引環境と取引条件の改善のための最初の施策を実施します。 2021年7月1日(木)から、100%入金ボーナスがプロフェッショナル口座でも受け取れるようになります。 さらに、同日、スタンダード口座とプロフェッショナル口座、エクスクルーシブ口座の各口座タイプで、スプレッド縮小または取引手数料の引き下げが実施されます。

ExclusiveMarkets(エクスクルーシブマーケット)より、株価指数の取引条件変更に関するお知らせ

海外FX業者 ExclusiveMarkets(エクスクルーシブマーケット)が株価指数をスプレッド内包型へ変更。取引手数料は無料に、スプレッドは拡大。

海外FX業者 ExclusiveMarkets(エクスクルーシブマーケット)が、株価指数の取引条件を変更します。 日経平均株価などの株価指数における1ドル/ロット(約100円/ロット)の取引手数料が、無料になります。 ただし、取引手数料が今後はスプレッドに含まれるようになりますので、以前よりスプレッドが広くなります。

exness(エクスネス)より、「取引コストとその重要性について」のコラム公開のお知らせ - 実際のスプレッドとexnessによる他社比較

海外FX業者 exness(エクスネス)が、取引コストについてのコラムを公開しました。exnessが追求する取引コストの安さ&安定した取引コストについて解説。

海外FX業者 exness(エクスネス)が、取引コストに関するコラムを公開しました。 exnessがこだわる取引コストの安さと安定した取引コストやexnessによる他社比較などについて知れます。 exnessの日本語のコラム「コストは投資の鍵です - 取引コストとその重要性について」をご確認ください。

FBSより、米国株式CFDの取引条件変更のお知らせ - 最大レバレッジが100倍に

海外FX業者 FBS(エフビーエス)が、米国株式CFDの取引条件を変更。最大レバレッジや契約サイズ(最小取引量)、スワップポイント、配当金等調整金が変更。

海外FX業者 FBS(エフビーエス)が、米国株式CFDの取引条件を変更します。 2021年1月31日から、米国株におけるスワップの表示単位および契約サイズ、最小取引量、最大レバレッジ、配当金等調整金、取引手数料が変更になります。 米国株(アメリカ株)が、ハイレバレッジ100倍で取引できるようになります。

FXの取引コストの計算方法・比較方法 - 取引コストを抑えるための取り引き方法

海外FX業者 Exness(エクスネス)のeBookコラム「取引コストと取引タイミング」。取引コストとは?取引コストを抑える方法は?チャートのトレンドとは?

海外FX業者 Exness(エクスネス)のeBookコラムの第五弾は、「取引コストについて」です。 取引コスト(スプレッド&取引手数料)の計算方法からExnessの人気銘柄ごとの取引コストの一覧比較まで公開しています。 そして、トレンドに乗った取引コストを抑えるための基本的な王道の取引方法(取引手法、戦略)についても分かりやすく解説しています。