XMのスプレッドは低いの? XMのスプレッドを他社と比較してみました。

日本人に人気の海外FX会社「XM」の魅力に、取引環境から迫ります!

XMには、3つの口座タイプ (口座種類)があります。 中には、スプレッドゼロのXMZero口座 (XMゼロ口座)もあります。 ただし、取引手数料が発生するため、一辺倒に、スプレッドゼロで、低コストの取引環境 (取引条件)と断言できません。 ここでは、スプレッドを、ドル円を基準にして、XMの各口座タイプと、さらに他の海外FXで比べて評価しました。

HotForexより、 プレミアム、ZERO、AUTO、マイクロにおける取引口座条件変更のお知らせ

ゼロスプレッド口座などの最大レバレッジが500倍に引上げ

HotForex (ホットフォレックス)における最狭スプレッド口座「ZERO口座」のレバレッジ拡大・取引手数料引下げで、スキャルパーにはさらに便利になりました。 他にもマイクロ口座、AUTO口座、プレミアム口座でもレバレッジの引上げ、最小入金額の引下げなど、取引条件の変更を行っています。

IFC Markets、FxProより、イギリスEU離脱合意案の採決に伴う、取引制限・取引条件変更について

英国のブレクジットの影響によるレバレッジ制限や新規注文停止、スプレッド拡大に注意

2019年1月15日にイギリスの下院で議決・採決される英国EU離脱合意案「ブレクジット」に関連した注意喚起です。 市場の動き次第で、IFC Markets (IFCマーケット)およびFxPro (FXプロ)では、新規注文の一時的な停止やレバレッジ制限などを行う可能性があります。

TradersTrust (トレーダーズトラスト)が、ビットコインキャッシュとリップルとの仮想通貨ペアにおけるコントラクトサイズの変更を実施

BCHUSDおよびXRPUSDの契約サイズ (基準通貨量)が変更

TradersTrust (トレーダーズトラスト)で、ビットコインキャッシュ「BCHUSD」およびリップル「XRPUSD」を取引中のトレーダーは、ご注意下さい。 対象の仮想通貨2銘柄における、コントラクトサイズ (契約サイズ)の変更が発生します。