TradersTrust(トレーダーズトラスト)より、必要証拠金率引き上げのお知らせ - 対象は貴金属とエネルギーの全6銘柄

海外FX業者 TradersTrust(TTCM)が金・銀・銅、WTI原油、ブレント原油、天然ガスの必要証拠金率を引き上げ

海外FX業者 TradersTrust(トレーダーズトラスト、TTCM)が、一部銘柄の必要証拠金率を引き上げます。 必要証拠金率引き上げ(レバレッジ引き下げ)の対象銘柄は金・銀・銅、WTI原油、ブレント原油、天然ガスの全6銘柄です。 また、日本時間で2020年4月4日 土曜日の午前2時から必要証拠金率は変更されます。

JustForex(ジャストフォレックス)より、ゴールドなどの貴金属銘柄の最大レバレッジ引き上げのお知らせ

海外FX業者 JustForexのメタル取引の最大レバレッジが1,500倍になりました

海外FX業者 JutsForex(ジャストフォレックス)が、金・銀・プラチナ・パラジウムなどの貴金属銘柄の最大レバレッジを引き上げます。 ECN Zero口座を除く他の口座タイプでは、貴金属銘柄のレバレッジが口座開設時に設定したレバレッジの1/2に設定されます。 もし口座開設時にJutsForexの最大レバレッジである3,000倍を選択した場合、貴金属銘柄(メタル取引)のレバレッジは1,500倍になります。

AnzoCapital(アンゾーキャピタル)が、株価指数2銘柄の必要証拠金率を引き上げ

AnzoCapitalのダウ平均株価とドイツ株価指数の必要証拠金率は3%に

海外FX業者 AnzoCapital(アンゾーキャピタル)が、株価指数の2銘柄の必要証拠金率を引き上げました。 必要証拠金率が引き上げられた株価指数の銘柄は、ダウ平均株価(DAX30)およびドイツ株価指数(WS30)の2銘柄です。 ダウ平均株価およびドイツ株価指数の必要証拠金率が1%から3%に引き上げられていますので、オープンポジションをもつトレーダーはご注意ください。

BTCFXとは?- 週末の土日も取引できるハイレバレッジの仮想通貨FX(ビットコインFX)を海外FXで始めよう!

BTCFXとは?BTCFXの基本からメリットまで全部解説。ビットコインをハイレバレッジで取引できる海外FX業者と週末の土日も取引できる海外FX業者はどこ?

仮想通貨FXやビットコインFXとは、どの様な取引がご存知ですか? ビットコインやイーサリアムなど、全4種の仮想通貨が取引できるAnzoCapital (アンゾーキャピタル)を実例に、実際に仮想通貨を購入・保有しないで、FXのように価格が下がっても利益を得られる「空売り」や、投資資金以上の損失を被らない「ゼロカット」という海外FX会社だから提供できる仮想通貨FXの魅力を徹底解説します。

MyFX MarketsおよびFXOpen、FxPro、Traders Trustより、ブレクジットに伴う一時的なレバレッジ制限のお知らせ

2018年12月11日 火にイギリスで欧州連合 (EU)離脱合意案の最終採決

MyFXMarkets (マイFXマーケット)およびFXOpen (FXオープン)、FxPro (FXプロ)、TradersTrust (トレーダーズトラスト、TTCM)では、イギリス国内で行われるEU離脱合意案の採決に伴い、レバレッジ制限を行います。 海外FX各社で異なりますが、レバレッジの...

Land-FX (ランドFX)より、トルコリラを含む9通貨ペアのレバレッジ制限実施のお知らせ

TRY・ZAR・MXNのFXは、最大レバレッジ2倍または10倍

Land-FX(ランドFX)では、日本時間で2018年9月6日 木曜日以降、トルコリラおよび南アフリカランド、メキシコペソとの通貨ペアを対象としたレバレッジ制限を行います。 レバレッジ制限対象は既存の注文も含み、特に、トルコリラの場合、最大レバレッジ2倍(必要証拠金率50%)となりますので十分ご注意ください。