来年以降の仮想通貨新規制案がまとまってきた - 仮想通貨交換業等に関する研究会による報告書の内容が明らかに

レバレッジ規制や仮想通貨から暗号資産へ呼称変更等、大幅な規制と変更が検討されている

金融庁は仮想通貨に関する研究会を開いており、そこで議論した内容を元に報告書をまとめる。そして報告書の内容に基づき、来年仮想通貨の新しい規制が制定されることになる。 今年になってこれまで何度も開催されてきた研究会の議論の結果、まとめられる報告書の全容がだんだんと明らかになってきた。

取引資金の信託管理(信託分別管理)と分別管理の意味や違いを解説

預けた資金(預託証拠金)の保全方法やその安全性、信託と分別の違いを詳しく解説します

ちかごろ、海外FX会社では、投資家(トレーダー)から預かった資金の管理方法として、分別管理か信託分別管理のいずれかの資金保全方法を示しているケースが増えてきました。 ここでは、顧客から預かった資金を分別管理する意義や分別管理と信託分別管理の各用語の意味やその違いなどを詳しく解説します。

金融庁が仮想通貨の規制を金融商品取引法に移行する検討 - 産経新聞が報道、利用者保護を強化

仮想通貨規制の移行を検討 改正資金決済法から金商法へ 金融庁が仮想通貨関連の規制の法律を、現在の改正資金決済法から金融商品取引法に移行することを検討している模様。 改正資金決済法とは 資金決済法はもともと商品券やプリペイドカードなど...

Traders Trust (トレーダーズ・トラスト) CySEC2017年新方針に伴うレバレッジ制限のご案内 - 最大レバレッジ50倍の一部制限が始まります

CySEC (キプロス証券取引委員会)の2017年新方針に伴うTradersTrust (トレーダーズトラスト、TTCM) レバレッジ制限のご案内です。 TradersTrust (トレーダーズトラスト、TTCM) では、新規顧客の投資経験や知識に応じて、最大レバレッジ50倍の一部制限が始まります。