Axiory (アキシオリー)より、国内銀行送金での出金開始についてお知らせ

海外FXの獲得利益が、すぐに、簡単に、安い手数料で、出金可能に

Axioryでは、2019年2月27日から、「新時代」と銘打って、サービスの全面リニューアルを行っています。 その一環として既に、国内送金や、電子ウォレット SticPayを利用しての海外FX口座への入金対応が始まっています。 そして、2019年3月13日 水曜日からは、国内銀行出金が出来るようになります。

FXDDより、国内送金の振込先変更についてお知らせ

日本時間で2019年3月1日より、振込先銀行口座情報に変更があります

FXDDでは、国内銀行送金で入金を行う際の振込先が変更となっていますのでご注意下さい。 2019年3月1日 金曜日以降、日本国内銀行口座への振込前には、かならずカスタマーポータルで正確な最新の振込先口座情報をご確認ください。

IronFX (アイアンFX)より、日本国内銀行の入金先変更に関するお知らせ

IronFXなら、手数料無料で、国内銀行送金による入金が出来ます

IronFXの海外FX取引口座への入金に関するニュースです。 日本国内銀行口座を利用した入金時の振込先が変更となりました。 IronFX側での入金手数料は、5万円を超える入金は無料ですが、5万円以下でも一律 10ドル/980円です。 口座振り込みで、安全・確実に入金できるため、おすすめです。

Traders Trust (トレーダーズトラスト)より、「国内銀行送金」対応再開のお知らせ

銀行口座への振込で、海外FX口座へ入金出来るようになりました

TradersTrust (トレーダーズトラスト)は、一時中止していた国内銀行送金による入金オプションを開始しました。 新しい資金回収エージェントとの契約締結による再開ですので、以前とは、銀行口座情報が異なります。

Axiory (アキシオリー)より、国内銀行、JCBカードなどの入出金対応開始予定のお知らせ

日本国内銀行口座やJCBクレカSTICPAYでも入金可能になります

Axiory (アキシオリー)は、話題の入出金オプションの強化を図ります。 JCBカードや、国内送金で、入金出来るようになります。 また、決済関連のアップデートに限らず、多くのサービス拡大を図る予定です。 2019年8月までに行う多くのサービス向上の内容も合わせてご確認ください。

投資信託の顧客は40%が損失と金融庁が公表

比較可能な共通指標(KPI)で測定。1位はコモンズ投信、最下位はあおぞら銀行

金融庁が7日に、投資信託を購入した顧客のどれだけが利益を出しているか、購入した金融機関ごとにまとめたデータを公表。その結果によると、投資信託を購入した者の約40%は損失で、利益を出しているのは60%ということだった。 この調査で使われたのは...

長期金利が約1年ぶりに0.1%をつける - 昨年7月以来約1年ぶり。日銀は、長期金利上昇で今週2度目の「指し値オペ」

日本の債券市場では26日になって長期国債を売る動きが広がり、長期金利が急上昇。昨年7月以来約1年ぶりに0.1%をつけた。 国債の価格と金利は反対に動く関係にある。 日本の長期金利は今月初めから20日頃まで0.04%付近で安定していたものの、今週23...

日銀が個人の投資信託保有額を膨大に誤計上 - 投信家計保有額、30兆円以上も過大統計

日銀が発表するさまざまなデータの中に個人が保有する投資信託の合計額があるが、それが30兆円以上という膨大な単位で間違っていたことが明らかになった。 個人による投資信託の保有額がこれまで知られていたよりも30兆円以上も少なかったことに、証券業界は衝撃を受けている。

日銀が次回の会合で異次元緩和の変更を議論へ - 次回の金融政策決定会合の日程

日銀が次回に開かれる金融政策決定会合で、異次元緩和の副作用を低減することなどを目的とした政策変更の可能性を議論すると報じられた。 次回の金融政策決定会合 次回の金融政策決定会合は、7月30~31日に開催される。 ここでは異次元緩和の政策...

事実上の縮小が進む異次元緩和 - 5年に及ぶ異次元緩和の振り返りと現状

異次元緩和政策が始まったのが2013年4月なので、すでに開始から5年以上が経過した。 日銀が目標とする物価上昇率2%の達成は見えないのだが、日銀は緩和を縮小したり終了するという話を全く出さない。しかし実際に国債の購入額は減少し、事実上の緩和縮小が進んでいる。