XRP関連通貨ペアの取引および入出金について - 米SECによるRippleに対する訴訟を受けて、各社で制限が実施されています

多くの海外FX業者で、XRP関連ペアが「クローズオンリー」モードに

米SECによるRippleに対する訴訟を受けて、暗号通貨Rippleのリクイディティが低下しています。リクイディティの低下に伴い、XRPの取引や入出金等のサービスにも影響がでています。XRPのトレードやXRPでの入金について、海外FX業者各社の対応と変更をまとめてご案内いたします。

仮想通貨取引所のBinance (バイナンス)で、40億円相当のビットコインが流出

Binanceで、Binanceユーザー資産を含んだ40億円以上のビットコインが、ハッカーにより流出しました。

仮想通貨取引所最大手のBinance (バイナンス)で、ビットコインの流出が発生しました。Binanceから流出したビットコインの規模は、日本円にして約40億円以上となる7,000 BTCです。流出したビットコインにはBinanceユーザー資産を含んでいますが、Bi...

お詫びと訂正:Tradeview (トレードビュー)の仮想通貨入出金に関して

Tradeviewでは、口座開設者本人による仮想通貨入金は可能です

お詫びと訂正になります。「Tradeview (トレードビュー)より、仮想通貨直接/仮想通貨経由での入金停止のお知らせ - 電子ウォレットで仮想通貨から法定通貨に変換した場合も入金はNG」の記事内容に誤りがございました。誠に申し訳ございません。Tradeviewでは、現在も継続して、口座開設者ご本人からの海外FX口座への入金時に、仮想通貨を利用できます。

STICPAY (スティックペイ)より、「SCOIN」発行開始のお知らせ

STICPAYで発生した取引手数料がSCOINとして還元されます

STICPAY (スティックペイ)では、STICPAYのサービス内で発生した取引手数料をためて現金利用できるプログラムを開始しました。SCOIN (エスココイン)というポイント還元の様な仕組みで、発生手数料が無駄にならずに済むようになりました。

FBS 入金方法に新しく「STICPAY (スティックペイ)」が登場・対応開始

日本語対応・日本円入金可能なオンラインウォレット STICPAY

FBSが、日本円対応・日本語サービス対応のオンラインウォレット「STICPAY (スティックペイ)」に対応開始しました。100円からの少額投資 & 最大3,000倍のハイレバレッジ & 損失補てん (借金なし、追証なし)のゼロカットの海外FXなら、FBSがおススメです。さらに、FBSは、2018年12月から、iPhoneやロレックス、さらに高級車メルセデスベンツなど、豪華プレゼントのキャッシュバックキャンペーン「ロイヤルティプログラム」を始めました。

TradersTrust (トレーダーズトラスト)より、仮想通貨 ビットコイン入金方法の変更に関する案内

よりスムーズで、セキュアなBitcoin入金で、ハイレバレッジ500倍の海外FXを始めよう

TradersTrust (トレーダーズトラスト)は、日本円にして 約20万円以上のビットコイン入金の際に、2つの画面キャプチャを提出することで、より簡単でスムーズに処理が行われる入金方法へと変更をしました。