HotForex(ホットフォレックス)より、米Robinhood株の取り扱い開始のお知らせ

米NASDAQに上場したRobinhood株を取引。必要証拠金率は30%。

海外FX業者 HotForex(ホットフォレックス)が、新しい米国株式の取り扱いを開始しました。 米NASDAQに上場したRobinhood(ロビンフッド)の株式が取引できる様になりました。 また、HotForexは2021-2022シーズンもパリ・サンジェルマンFCの公式パートナーとなることが決定しました。

Axiory(アキシオリー)より、MT5株式専用アルファ口座リリースのお知らせ - 米国株と欧州株、ETFの現物取引ができます

海外FX業者 Axiory(アキシオリー)が、新しい口座タイプ「アルファ口座」を提供開始。現物株式・ETFが取引できます。

海外FX業者 Axiory(アキシオリー)が、現物株式の取り扱いを開始しました。 MT5(メタトレーダー5、MetaTrader5)のアルファ口座で外国株式(個別株)、ETFが取引できます。 Axioryのアルファ口座で取引できる外国株式(個別株)は、米国株と欧州株です。

FxPro(FXプロ)より、新しく38社の米国株と13個の仮想通貨ペアの取り扱い開始のお知らせ

海外FX業者 FxPro(FXプロ)のCFD銘柄に、新しい米国株と仮想通貨ペアが追加されました。

海外FX業者 FxPro(FXプロ)が、米国株CFDと仮想通貨FXに新しい銘柄を追加しました。 追加された米国株は、GameStop(ゲームストップ)などのミーム株を含む全38社分の個別株です。 また、仮想通貨ペアは、Dogecoin(ドージコイン)やPolkadot(ポルカドット)を含む13ペアが追加されました。

iFOREX(アイフォレックス)より、ノンレバレッジで取引できる株式銘柄の追加のお知らせ

海外FX業者 iFOREX(アイフォレックス)が、一部の国と地域でレバレッジ1倍の米国株や日本株などを取り扱い開始。

海外FX業者 iFOREX(アイフォレックス)が、新しい株式銘柄を追加しました。 ノンレバレッジの米国株や日本株、欧州株、香港株、インド株が取引できる様になりました。 ただし、一部の国と地域のトレーダーは、ノンレバレッジ(レバレッジ1倍)の株式銘柄は取引できません。

easyMarkets(イージーマーケット)より、MT4口座で米国株および欧州株の取り扱い開始のお知らせ

海外FX業者 easyMarkets(イージーマーケット)のMT4で、米国株と欧州株のCFDが出来る様になりました。

海外FX業者 easyMarkets(イージーマーケット)が、MT4の取り扱い銘柄を追加しました。 米国株(アメリカ株)および欧州株(ヨーロッパ株)が、MT4でも取引できる様になりました。 MT4ではなく、easyMarketsのオリジナル取引ソフトでは米国株と欧州株の他に豪州株や香港株、日本株が引き続き取引できます。

TitanFX(タイタンFX)より、米国株の取り扱い開始のお知らせ

海外FX業者 TitanFX(タイタンFX)が、米国株を取り扱い開始。65社の米国株(アメリカ株)が、ハイレバレッジ20倍で取引できます。

海外FX業者 TitanFX(タイタンFX)が、米国株式CFDの取り扱いを開始しました。 65銘柄の米国株(アメリカ株)が、最新のメタトレーダー MT5で取引できます。 米国株のレバレッジは、20倍固定です。

HotForex(ホットフォレックス)より、コインベース株の取り扱い開始のお知らせ

海外FX業者 HotForex(ホットフォレックス)が、米国株に仮想通貨取引所 Coinbaseの株を追加。

海外FX業者 HotForex(ホットフォレックス)が、コインベース株の取り扱いを開始しました。 コインベース株のレバレッジは、2.5倍です。(必要証拠金率:40%) HotForexでは、米国株を含む外国株(個別株)がDMAの方式で取引できます。

FBSより、コインベース株の取り扱い開始のお知らせ

海外FX業者 FBS(エフビーエス)で取引できる米国株に、ナスダック上場を果たした初の仮想通貨取引所 Coinbaseが追加。

海外FX業者 FBS(エフビーエス)が、コインベース株の取り扱いを開始しました。 米ナスダックに上場した初めての仮想通貨取引所 Coinbase(コインベース)の株が、取引できる様になりました。 FBSなら、最大100倍のレバレッジで米国株(アメリカ株)が取引できます。

FXGTより、FX通貨ペアおよび仮想通貨FXの最小ロット・最大ロットの変更、株式銘柄の新しいレバレッジ制限のお知らせ

海外FX業者 FXGTより、取引環境と取引条件の変更のお知らせ。仮想通貨FXが、さらに小ロットで取引できるようになりました。

海外FX業者 FXGTより、取引環境と取引条件の変更のお知らせです。 FX通貨ペア(主にメジャー通貨ぺア)においては、これまでよりもさらに大ロットの注文が出来る様になりました。 そして、一部の仮想通貨FXでは、これまでよりも小ロットで取引が出来る様になり、取引がしやすくなりました。 また、個別株(米国株)では、時間帯による新しいレバレッジ制限を適用するようになりましたのでご注意ください。

SimpleFX(シンプルFX)より、AMCエンターテインメント・ホールディングス株の取り扱い開始のお知らせ

海外FX業者 SimpleFX(シンプルFX)で、米国株式のAMCエンターテインメント・ホールディングス株がレバレッジ2.5倍で取引可能になりました。

海外FX業者 SimpleFX(シンプルFX)が、AMCエンターテインメント・ホールディングス株の取り扱いを開始しました。 シンボルはAMC.US、レバレッジは2.5倍(証拠金率40%)です。 SimpleFXでは、AMC以外にも多くの米国株(アメリカ株)を含む個別株が取引できます。

FBSより、米国株式CFDの取引条件変更のお知らせ - 最大レバレッジが100倍に

海外FX業者 FBS(エフビーエス)が、米国株式CFDの取引条件を変更。最大レバレッジや契約サイズ(最小取引量)、スワップポイント、配当金等調整金が変更。

海外FX業者 FBS(エフビーエス)が、米国株式CFDの取引条件を変更します。 2021年1月31日から、米国株におけるスワップの表示単位および契約サイズ、最小取引量、最大レバレッジ、配当金等調整金、取引手数料が変更になります。 米国株(アメリカ株)が、ハイレバレッジ100倍で取引できるようになります。

exness(エクスネス)より、米国株の取引時間拡大のお知らせ - プレ・マーケットも取引できます

海外FX業者 exness(エクスネス)で、米国株の取引時間が拡大・延長。米国株(アメリカ株)が、通常の取引時間前のプレ・マーケットも決済できます。

海外FX業者 exness(エクスネス)が、米国株17銘柄の取引時間を拡大・延長しました。 通常の取引時間(立会時間)の前のプレ・マーケット(立会外時間)も取引できるようになりました。 プレ・マーケットも取引できる米国株(アメリカ株)は、今までの取引時間より3時間ほど前から取引できます。 ただし、プレ・マーケットはオープンポジションの決済しかできません。