IFC Markets、FxProより、イギリスEU離脱合意案の採決に伴う、取引制限・取引条件変更について

英国のブレクジットの影響によるレバレッジ制限や新規注文停止、スプレッド拡大に注意

2019年1月15日にイギリスの下院で議決・採決される英国EU離脱合意案「ブレクジット」に関連した注意喚起です。 市場の動き次第で、IFC Markets (IFCマーケット)およびFxPro (FXプロ)では、新規注文の一時的な停止やレバレッジ制限などを行う可能性があります。

2018年末・2019年始の取引スケジュール変更 (クリスマス、正月)に関するお知らせ

年末年始の年越しシーズンは、多くの海外FX会社で取引可能な時間が変更となるので注意

クリスマスおよび正月の年越しシーズンにおける海外FX会社の取引スケジュールをご確認下さい。 特に、毎年、12月24日 (クリスマスイブ)から12月31日 (年末最終日)には流動性が極端に低下しています。 スプレッドおよびレート変動幅の拡大には予めご注意ください。

MyFX MarketsおよびFXOpen、FxPro、Traders Trustより、ブレクジットに伴う一時的なレバレッジ制限のお知らせ

2018年12月11日 火にイギリスで欧州連合 (EU)離脱合意案の最終採決

MyFX Markets (マイFXマーケット)およびFXOpen (FXオープン)、FxPro (FXプロ)、Traders Trust (トレーダーズ・トラスト)では、イギリス国内で行われるEU離脱合意案の採決に伴い、レバレッジ制限を行います。 海外FX各社で異なりますが、レバレッジの引...

欧米における夏時間から冬時間への移行に伴う取引スケジュール変更について

サマータイム終了・切替りによる各社・各銘柄の取引時間に注意

欧米の夏時間(サマータイム)から冬時間(ウィンタータイム)への時間切替に伴い、海外FX各社で、サーバータイム(取引時間)が変更となります。 ヨーロッパ(ロンドン基準)とアメリカ(ニューヨーク基準)の冬時間への切り替えのタイミングの差から...

多くの海外FX会社で、ライセンス毎にWebサイトが異なりますのでご注意ください

同一FX会社でも日本語サポートの有無など、サービスが異なる

海外FX会社のWebサイトで、日本語への切り替えが出来ない、いつもとサービス内容が異なるなどの違いで、戸惑った経験はありませんか? 海外FX会社特有のライセンスおよびレギュレーションの理由から、同一ブランドで異なるWebサイトを展開しているケースがあります。 特に、XMおよびFBS、IronFX、FxProをご利用の際はご注意ください。

FxPro (FXプロ)の無料スマホアプリ「FxPro - Forex Trading Tools」- 経済指標ニュース、証拠金計算ほか簡単便利機能が多数

FxPro(FXプロ)は、公式スマホアプリを全部で3つ提供しています。いずれも無料で、FxProで取引口座を開設されたお客様限定のツールです。 特に、空いた時間に手軽でクリティカルに最新のマーケットに触れることが出来る「FxPro - Forex Trading Tools」は、計算機能もついた便利なアプリです。

FxPro (FXプロ)がESMAのレバレッジ制限等に対してCySEC、FCA、SCB口座で異なる対応・案内を実施予定

FxPro(FXプロ)では、先日ご案内した通り、ESMAの新しい規制を受けて一部の対象のお客様に対してレバレッジやボーナスなどの制限を含む取引条件の変更を行います。 FxProでは、ライセンスの違いで、CySEC口座(キプロス口座)、FCA口座(UK口座、イギ...