XM(XMTrading)より、取引プラットフォームの更新に関する重要なお知らせ

最新バージョンのMT4とMT5で取引をして下さい。

海外FX業者 XM(XMTrading)では、最新バージョンのMT4とMT5の利用を推奨しています。 XMの最適な取引環境と取引条件で取引をする為には、MT4(メタトレーダー4、MetaTrader4)とMT5(メタトレーダー5、MetaTrader5)の最新のバージョンを使う必要があります。 ご不明な点などは、日本語ライブチャットなどでカスタマーサポートへお問い合わせください。

M4Markets(エムフォーマーケット)より、東京サーバー新設についてのお知らせ

これまで以上に高速な東京サーバーが使えるようになりました。

海外FX業者 M4Markets(エムフォーマーケット)が、東京サーバーを新設しました。 これまでの中国は北京やシンガポールのサーバーから、取引環境が改善されました。 MT4(メタトレーダー4、MetaTrader4)やMT5(メタトレーダー5、MetaTrader5)などで取引サーバーに接続できないエラー時は、日本語カスタマーサポートまでお問い合わせ下さい。

メタトレーダーのログイン時、正確なパスワードとサーバー名を入力してください。

MT4(メタトレーダー4)にログインできないエラーの対処方法 - よくある4つのログインエラー

メタトレーダーのログイン時、正確なパスワードとサーバー名を入力してください。

海外FX業者のMT4(メタトレーダー4、MetaTrader4)やMT5(メタトレーダー5、MetaTrader5)にログインできないエラーでお悩みではありませんか? メタトレーダーにおけるログインエラーの良くある4つの理由・原因とその解決方法をチェックしよう! ログインエラーが解消されないとき、MyFXMarkets(マイFXマーケット)なら日本語カスタマーサポートまでお問い合わせ出来ます。

exness(エクスネス)より、MT4のバージョンアップのお知らせ - MT4 build 1340より古いバージョンは利用不可

取引での不具合を避けるため、お使いのMT4を更新してください。

海外FX業者 exness(エクスネス)では、MT4のバージョンの確認と必要に応じてバージョンアップをお願いしています。 2022年1月15日(土)以降、MT4 build 1340より古いバージョンのMT4ではログインできなくなり、取引できなくなります。 MT4 build 1340以降のMT4にバージョンアップが必要となります。

TradersTrust(トレーダーズトラスト、TTCM)より、MT4のバージョン(Build 1353)アップデートに関するお知らせ

MT4のビルド1353がリリース。サポートされている最新のMT4の利用を推奨。

海外FX業者 TradersTrust(トレーダーズトラスト、TTCM)では、MT4の最新のバージョンの利用を推奨しています。 MT4のバージョンは2021年12月16日(木)に最新バージョンの「MetaTrader 4 build 1353」がリリースされました。 TradersTrustでは、MetaQuptes(メタクオーツ)のバージョンアップに合わせて、常に最新版のみの提供・サポートをしています。

AXIORY(アキシオリー)の2ステップ認証の設定とログインパスワードの変更の方法。

AXIORY(アキシオリー)の2ステップ認証設定と定期的なパスワード変更の方法

AXIORY(アキシオリー)の2ステップ認証の設定とログインパスワードの変更の方法。

海外FX業者 AXIORY(アキシオリー)は、トレーダーのデータを保護するための対策として、「2ステップ認証設定」と「定期的なパスワード変更」をお願いしています。 ここでは、セキュリティ対策・セキュリティ強化の方法を1つ1つ解説します。 また、AXIORYの会員ページ MyAXIORYでは、MT4(メタトレーダー4、MetaTrader4)とMT5(メタトレーダー5、MetaTrader5)のログインパスワードも変更できます。

MT4もMT5もcTraderも選べる海外FX業者なら、AXIORY(アキシオリー)

AXIORY(アキシオリー)が選ばれる理由 - MT4だけじゃない!取引プラットフォームのラインアップ

MT4もMT5もcTraderも選べる海外FX業者なら、AXIORY(アキシオリー)。

海外FX業者 AXIORY(アキシオリー)なら、MT4以外の選択肢があります。 MT4より新しい「MT5(メタトレーダー5、MetaTrader5)」も、ECN環境に最適な「cTrader(Cトレーダー)」も利用できます。 一番人気のMT4以外のMT5とcTraderの利用者からの口コミ・評判をチェック!

MT4のバージョンアップ(build 1320)について - 2021年10月1日以降、Build 1320より古いバージョンは利用できません

Build 1320より古いMT4は、取引サーバーに接続不可。

多くの海外FX業者(海外FXブローカー、海外FX会社)が、MT4のバージョンアップをお願いしています。 2021年10月1日(金)以降、MT4 build 1345より古いバージョンのMT4は取引サーバーのサポートが終了し、取引できなくなります。 MT4のバージョンを確認して、必要に応じて最新バージョンのMT4のダウンロード・インストールを行ってください。

XM(XMTrading)より、MT4取引プラットフォーム更新のお知らせ

最新バージョンのMT4とMT5へのバージョンアップをおすすめ。

海外FX業者 XM(XMTrading)が、MT4およびMT5は最新バージョンで使用するように推奨しています。 MT4やMT5はバージョンアップをすることで、バグの修正や最新機能などの追加が実施されます。 最適な取引環境で取引を行うためにも、最新バージョンのMT4およびMT5の利用をおすすめしています。

exness(エクスネス)より、MT4ターミナルの更新依頼のお知らせ

2021年10月からは、バージョン1320以降のMT4のみ利用可能。

海外FX業者 exness(エクスネス)より、MT4のバージョンアップのお願いです。 2021年10月にMT4を開発・提供するMetaQuotes(メタクオーツ)が、取引サーバーへ接続できるMT4のバージョンをBuild 1320に引き上げます。 取引サーバーのサポート対象のMT4のバージョン引き上げにより、Build 1320より前のバージョンのMT4では取引できなくなります。

WindsorBrokers(ウィンザーブローカー)より、コインベースやアドビなど新しい米国株式の取り扱い開始のお知らせ

MT4で取引できる米国株式に新しく17社追加。

海外FX業者 WindsorBrokers(ウィンザーブローカー)より、新しい米国株式の銘柄追加のお知らせです。 アメリカの証券取引所に上場する17社の株式が取引できるようになりました。 今なら、口座開設ボーナスを受け取ると、無料で米国株式取引が始められます。