海外FX会社が、MT4からMT5への切替えに消極的な理由

9年前にMT5が提供開始されても、未だにMT4が人気の訳

2010年にMT5が提供開始されても依然として、FX業界ではMT4が一番人気で、世界で最も利用されている取引ソフトです。 その理由として、海外FX会社側が、MT4からMT5の切り替えに対して、準備が出来ていないとも言われています。 ここでは、なぜMT5への切り替えが進まないのか、という理由を MT4からMT5の歴史 MT4とMT5の異なる特徴 市場におけるMT4の重要性 の順番で、解説します。

cTrader Webのバージョンアップに関するお知らせ - cTrader Web 3.2へ

ECN方式の為に設計された、MT4/MT5に変わる取引ソフト cTraderの最新情報

海外FXの取引ソフト/取引プラットフォームには、cTraderの最新バージョンに関するお知らせです。 Cトレーダーのウェブトレーダー cTrader Webがバージョンアップして、cTrader Web 3.2になりました。 追加された4つの新機能をご確認下さい。

MT5に「エコノミックカレンダー」&「トレーニングプログレスバー」が追加

メタトレーダー5に、ビギナーにも嬉しい新しい機能が追加されました

MT5に新しい機能がビルトイン! エコノミックカレンダー機能追加 新型のMQL5アプリ対応開始 トレーニングプログラム機能追加 注文毎の取引履歴データの提供開始 R言語アプリ対応のAPI追加 両建て時の決済処理速度向上 複合銘柄の計算エラー解消 カスタムシンボルの一括データ消去 高解像度ウィンドウでのエラー解消 上記の「エコノミックカレンダー機能追加」、「トレーニングプログラム機能追加」について解説します。

サマータイム移行に伴う、取引時間の変更についてお知らせ

欧米の夏時間切替りで、日本時間では1時間取引時間が早まります

2019年は、米国で、3月10日 日曜日から、サマータイムに突入します。 3月末日には、ヨーロッパがサマータイムに切り替わります。 海外FXにおいても、サーバータイムの変更が発生し、全体的に取引時間が1時間前倒しとなります。 MT4、MT5、cTraderなどの取引ソフト (取引プラットフォーム)に限らず、発生する変更です。 各社毎の、正確な、変更内容をご確認ください。

FXOpen (FXオープン)より、MT5のパム口座「PAMM ECN Accounts」提供開始のお知らせ

メタトレーダー5で、PAMM口座開設・運用できるようになりました

FXOpenでは、他のトレーダーからも投資資金を集めて、取引実行・利益共有をするPAMM口座の開設が出来ます。 今回、利用できる取引ソフトとして、これまでのMT4に加えて、MT5が加わりました。 もちろん、MT5においてもこれまで同様に、Myfxbookや、FXOpen Analyticsが利用できます。 コピートレードや、海外FX口座での資産運用に興味のある方は、ぜひご一読ください。

Wisebitcoin (ワイズビットコイン)が仮想通貨ADA (カルダノ)とQuantum (クアンタム)の取り扱い・取引を開始

MT5でADAとATMのJPY・BTC・ETH建て各3銘柄の取引をスタート

仮想通貨取引所 Wisebitcoin (ワイズビットコイン)が、仮想通貨ADA (エイダ、カルダノ)とQuantum (Qtum、クアンタム)の取り扱い・取引を開始しました。 MT5対応、日本語対応、ゼロカット対応などなど…本当に必要な全条件が揃うWisebitcoinで仮想通貨FXを始めよう!

なぜ、取引ソフト「cTrader」を採用する海外FX会社が増えないのか、ご存知ですか?

人気のメタトレーダー (MT4/MT5)とCトレーダーの違いを解説

多くの海外FX会社が、取引ソフトとしてメタトレーダー(MT4およびMT5)を基本として、他の取引ソフトを提供しています。 ここでは、最近導入が進んでいる cTrader(Cトレーダー)とメタトレーダーについて比較します。 トレーダー目線での使用感だけではなく、海外FX会社からの目線で、そもそもの導入が加速しない理由などを分かりやすく解説します。